不動産に強い税理士を最短で探すたった一つの方法

不動産投資で次の物件は法人で買いたい
5棟10室基準になったので、そろそろ税務のことも考えたい…
親が経営しているアパート事業の引継が始まった…

税理士探し?今の税理士さんから変更?
そう思った時、あなたは何から始めますか?

道行く看板も「税理士・会計事務所」ばかりが目に入ります。
タウンワークで探すのも一つ。
税理士+自宅住所近く
で探すのもアリです。

ただ実際に、不動産に強い税理士さんを探すのは
本当に大変です。

この記事では、不動産賃貸経営を行う私達夫婦が。
不動産に強い税理士さんを探した時の苦労体験からの学び。
つまり、
最短で効率よく税理士さんを探す方法
体験談を中心に書いていきます。

体験談形式なので、税理士さん探しで
こういうことにつまづくのかーとか、
こういう観点もチェックしたらいいのかーとか。
色々感じ取ってもらえるような記事を目指して書いていきます。

あなたの、
不動産に強い税理士さん探しの参考になれば幸いです。

1.不動産に強い税理士さんを探すのに大変だったこと

夫婦で5棟37室経営をしている私達。
不動産資産管理会社の設立をきっかけに、
不動産に強い税理士さん探しを始めました。

最初に会社設立も含めてお願いしたのは、
会計事務所でした。インターネットで見つけたところです。

会社設立 横浜(住んでいるところ)
で探し、自宅兼事務所から30分以内でピックアップして
探しました。

会社設立を専門家に頼む場合、税理士さんにお願いすると
顧問契約を前提にしたら安く設立できるケースが多いです。

そこで面談に行き、会社設立担当者の女性がいい感じだったので…
先々をあまり考えずに、会計事務所に決めました。

会社設立の準備の最中で、
税務担当者との面談が後日あったのですが、
うーん。。
20代前半の若い男性。
税務上の机上の空論ばかりというか、実務を知らないというか…
一から説明しないと前に進めない。
正直しんどかったです。

その後も税務担当者が次々と変わり、1年で3回も!
3人目の担当者は一言、サイアクな人でした
(上から目線の60代のおじちゃん…)。

後に知ったのですが、所属する税理士さんはたった一人。
所長のみ。所長には会ったことすらありません…
他は税務担当者と言っても、税理士資格のない人ばかりでした。

正直やってられなかったので、決算は他の税理士にお願いしようと…
で、設立後最初の決算月に何と!
税理士探しをすることになりました。

30代(当時)でネットはそれなりに使う方だったのと、
税理士探しの期限が迫っていたので…
会社設立時の失敗を挽回すべく、とにかくネットで
探してみました。

不動産 税理士 ○○(自宅のある住所)

で探したところ、不動産臭バリバリ(笑)の税理士事務所が
一件だけ見つかりました。

当時の自宅近くは幸い、ホームページを設けている
税理士事務所が多く、ざっと7件ほどありました。

ただ不動産や資産管理会社に強そうな税理士事務所は…
たった一つです。

残りの6事務所は、「不動産」のキーワードはあっても
幅広い業務について書いてあるだけで、強いかどうかは
判別が付きません。

残り6事務所の中から面談につながったのは…
不動産バリバリと合わせて、二社です。

ひとまず2つの税理士事務所との面談予約は
電話してしたものの…
自分から電話するって、勇気いるんですよねー

それに税理士探しに時間がなく、急いでいたので…
実際に会って合わなかったらどうしよう、と
どこか心もとない感じでした。

今月中に税理士さんを決めないといけない…
でも決算期なので、仕事も忙しい時期です。
自分の足で回れても2社が限界。何とかならないだろうか…

そんな時に、税理士紹介エージェントを知りました。
税理士さんとクライアントの間に入り、
マッチングをしてくれる仲介サービスです。

税理士紹介エージェントに申し込みやり取りをしつつ、
自分の足で探した2名の税理士さんと面談しました。

一人目は、不動産バリバリの女性税理士さん(推定50代)でした。
不動産会社の顧問税理士をしているとのことで、
不動産の知識は、ものすごくある人でした。

けれど、個人経営の不動産賃貸業は少し苦手そうなことが
会話の節々で伝わって来ます。
お会いするなり、
「あーこのスキームは私、難しいわーどうしよう。。」
という反応。

お断りと言うより、私達を救おうとは考えてくれる印象でした。
ただ年代も少し上だったのと、性格的に合わない感じも…

忙しい中途方に暮れながらも、慌てて会社に戻ります。
明日は、もう一社の税理士さんとの面談。

どうしよう、二人目の税理士さんになら任せられるだろうか?
ドキドキしながら二度目の面談です。

自分より少し上の世代の(推定40代)、物腰柔らかい女性でした。
私達のスキームも理解をしてくれ、
依頼内容(記帳代行と領収書ファイル作成までしてほしい)も
相場通り(顧問料月2万前後)でOKだと。

不動産を管理する家族経営の会社も
経験はあるとのことだったのですが…
実績がイマイチ伝わって来なかったんですね。
私のヒアリング力も弱いのですが、あまり自分から
お話しないというか。いい意味で自然体の方でした。

女性としても憧れるタイプなので、概ねこの
女性税理士さんで決めようと思ってたのですが…
もう一人くらいにはお会いしたいなーという気持ちがありました。

時間はない割に、気は抜けませんもの…
税理士さんの変更って正直、楽じゃないです。
契約も一からやり直しだし、会計データの引き継ぎもある。
できればもう、したくないです。

そんな中、税理士紹介エージェントから紹介してもらった
税理士さんから連絡が来て、面談することになりました。
3度目は、同年代の30代男性税理士さん。

宅地建物取引士も持っていて、不動産管理の実績もあるとのことで
お話も具体的。銀行とのパイプもある税理士さんでした。

面談でも話しやすく、依頼内容と顧問料も契約書を元に
そのまますり合わせは完了。スムーズに行きました。

エージェントからは3人目の税理士さんに加えて
もう2名ご紹介いただきましたが、ああもうこの人で
大丈夫だな、と納得。
それから初の会社決算から4年間、税務をお願いしています。

目次に戻る▲

2.不動産に強い税理士さんと顧問契約する相場や利点

毎月の決算(記帳代行、領収書のファイリングまで!)から、
年末調整、決算業務まで年間約40万円台で、ほぼ相場通り。
不動産についてはもちろん、他の業務も含めて色々相談し、
銀行の担当者さんも紹介してもらいました。

おかげさまで、紹介してもらった銀行で融資を受け、
法人でも物件所有ができるようになりました

同年代なので、同じようにマイホームを持ったりすることから
住宅ローン控除のことから個人の確定申告まで
相談に乗ってもらえて助かっています^^

本店移転の変更登記も、司法書士さんを紹介してもらいました。
士業の方同士のネットワークもあるようで、紹介の場合
変な方(失礼!)にも当たらず、比較的安価で
ご対応いただけました。

近頃は記帳代行だけのサービスもありますが…
不動産の場合、資産管理法人を始めとして
個人と法人の切れ目がないというか…
けっこう密接の関係あるような感じがします。

そのためやはり、個人税務から法人税務まで相談できる環境というのも
ありがたい。顧問料以上に価値があるなーと感じています。

目次に戻る▲

3.税理士紹介エージェントを使ってみた口コミ

税理士紹介エージェントの公式サイトにある
お問い合わせフォームに情報を入力するだけでOKです。

パソコンの場合、画面上でそのまま問い合わせるのもアリですが、
細かい希望条件や電話に都合のいい日時など入れたい場合は、
右下の「お問い合わせフォーム」をクリックした方が
ベターです。

スマホだと右下のメール問い合わせをクリックします。

最低限必要な情報はたった5つ!

  1. 都道府県
  2. 問い合わせ内容
  3. 名前
  4. 携帯電話番号
  5. メールアドレス

2.の問い合わせ内容は、相続税申告か、税理士変更か、
会社設立かなど、該当する種別にチェックを入れます。

4.は電話番号とありますが、電話連絡が取れない場合は
ショートメッセージ(SMS)でもフォローしてくれるので、
携帯電話がベターです。

私の時は問い合わせた翌日に、税理士紹介エージェントから電話。
該当する税理士さんは、3人いるとの連絡をもらいました。

で、その日のうちに、3名の税理士さんからそれぞれお電話で
ご連絡をいただきました。
お一人がどうしても電話が行き違いになり…で、面談至らずでしたが…
問い合わせ後の2日間は、携帯電話が大活躍でした。

顧問税理士さんのお話だと、11月の年末調整時期から
3月の決算シーズンまでは、超激務らしいです。。
そのため、11~3月上旬は特に、電話鳴ることを意識して気を付け…
一回で面談日時を決めちゃいたいところですね。

で、この必須5項目も大事なんですけれど、任意入力の
お問い合わせ内容詳細(字数制限なし)
が、経験上、超大事だと考えています。
ある程度希望条件をがっちりと入れておいた方がよいですね。

税理士紹介エージェントで効率良く進めるための文例集

参考までに私が税理士紹介エージェントに問い合わせた時の
文例も入れておきますね。

————–
【希望の内容を端的に】
●●できる税理士さんを●●月までに探しております。

【自分のビジネスや企業の紹介】
●●年設立(予定)の不動産賃貸管理を中心とした
法人の代表で、従業員は●●名(or役員●●名のみ)。
売上は、年間見込み●●万円です。

【税理士さんを探すことになった経緯】

●●な理由で、
現在の税理士さんにお願いをする気持ちがなくなっています。

or

会社設立のサポートをしてくれる
税理士さんを探しています。

【現在の税務会計状況】

会計ソフトは事務所経由で●●を使っており、
利用ソフトに応じた仕訳出力は可能です。

【顧問料の予算や希望条件など】

顧問利用料と●●利用料で毎月1.7万円ほど、
法人税決算で17万円の契約となっております。

今までは記帳も自社で行っていますが、
月1万円位なら記帳も代行したいです。

【どういう税理士さんを探しているか】

長くお付き合いのできる税理士さんを
希望するようになりました。

弊社の事業に精通している、具体的には
・●●できるITスキル
・不動産賃貸管理業に詳しく、オーナーに評判がいい人
・税務署の代弁者みたいなアドバイスだけをしない人
が希望です。

年齢も30代の夫婦で行う会社なので、
30代~40代、場合によっては50代でも
可能です。男女は問いません。

ご紹介よろしくお願い致します。
—————————-

ちなみにこの税理士エージェントですが、
税理士さんを探す私達顧客側は、
何回紹介を受けても、何人と面談しても無料です。

税理士エージェントもただ紹介して終わりではなく、
2週間経った頃にもう一度電話をくれました。
そこで今の税理士さんに決めた旨伝えたところ、
残り2人の税理士さんには連絡をしておくとのことでした。

つまり、面談や面談予約をした後のお断り連絡の
ストレスが一切なかったです。

一方で自分が探した税理士さんには、その後どうなったか。
自分で逐一伝えなくてはいけません。
みなさん良い方ではありましたが、
やはり他に決めたという連絡は勇気が入ります。。
その点、税理士さんと顧客側の間に入ってくれる
エージェントがいるってのは心強かったです。

紹介してくれた3名の税理士さんも、
その後顧問契約をし続けている現税理士さんも含め。
きっちりとちゃんとした人が多かったです。

不動産業界…それも、自分の
賃貸経営というビジネスを理解してくれる
税理士さんは、やはり心強いです。

特に自社の場合は、賃貸経営だけでなく
ウェブ運営業や作曲管理業など特殊なことも多く…
私自身簿記3級を持っていますが、
作曲関連の仕分けは本当に難しくって…
今の税理士さんに何度も聞きながらようやく
経理業務の形ができてきました。
(今の税理士さんは著作権関連の経験もあったので…)

ここまで要望通りの税理士さんを抱えている
税理士エージェントは改めてすごいなーと今でも思います。

そんなマッチングサービスを無料で受けられて
本当に助かったなーと思いました。

私と同じように、自分のビジネスを理解してくれる
税理士さん探しに、税理士紹介エージェントを
取り入れてはいかがでしょうか。
税理士紹介エージェントで詳細を調べてみる

目次に戻る▲

不動産に強い税理士を最短で探す方法まとめ

  • インターネットや看板で探す場合、
    不動産に強いかどうかまで見極めるのは
    なかなか難しい
  • 税理士紹介エージェントを使えば、自分の
    希望に近い税理士さんを一回の問い合わせで
    無料で見つけられる
  • 税理士紹介エージェントに問い合わせを行い、
    エージェントならびに紹介してもらえる税理士さんから
    連絡が来る
  • 問い合わせの段階である程度希望することを
    書いておくとスムーズに紹介を受けられるかも

不動産に強い…と一言言っても、
不動産業者側だとなかなかわかってもらえないことも。

不動産オーナーさんの顧問契約をしている経験を見るのも
大切だと思いますね。

税理士紹介エージェントで詳細を調べてみる

目次に戻る▲

関連記事

不動産投資したいけど貯金(頭金)が足りない時に取り組みたい2つのこと

不動産投資失敗を防ぐために不可欠!収支シミュレーションの方法

不動産投資で必須の会計ソフトは「やよいの青色申告」

管理会社を変更する前に…失敗しないための3ポイント

不動産投資は女性でもできる?!長所と短所を比較

不動産投資用物件を買う前に必ずするべき3つのこと