HOME» 不動産投資を始めてみる・実践編»


不動産投資用物件を買う前に必ずするべき3つのこと

パソコンイメージ

不動産投資用の物件を探すには、健美家や楽待が有名ですね。
いい物件があったと思って、勢い良く購入申込(買付)する人がいるようですが…

一番手を取ったものの、現金買いにまくられるケースも急増しているので、
早く抑えたい気持ちはよく分かるけど、ちょっと落ち着いて…

物件買付をする前に必ずするべき3つのことをまとめます。

1.賃貸需要の調査をする

売り出し物件に近い条件で、賃貸募集ページを探します。
アットホームやYahoo不動産、ホームズなどで該当物件の件数が出てきます。

物件の種類ごとの掲載件数から、該当エリアの供給不足物件が見えてきます。
もし狙い物件と同じ間取り物件が少なければ、かなりのチャンス物件です。

併用してよく使っているのが、ホームズの「見える!賃貸経営」です。

ホームズの「見える!賃貸経営」から抜粋

ホームズ見える賃貸経営

該当のエリア(市町村)を選択すると、よく検索されている物件が色で示されたり、
HOMESで掲載されている物件と、よく検索されている物件などデータ豊富です。

これを使わない手はありません!

2.現地調査をして、物件と実際の近隣状況を見る

物件の現地まで行きます。肌で感じるモノや感覚ってけっこう大切だと思います。

近隣物件の入居ぶりもチェックしていきましょう。私がよく使うのは、
ホームズ不動産アーカイブです。

周りによろしくない施設がないか、物件までの歩き道はどうか、
物件にリフォームが必要ならどの箇所が必要か。必要な箇所は写真に撮っておきます。
リフォーム会社に見積を取って、3.の材料に備えましょう。

帰り忘れてはいけないのは、管理をしている不動産会社へのヒアリング
意外と忘れがちですが、これも3.の材料になります。

3.価格交渉をする

1.と2.までしたところで、物件のいいところも見られれば、弱点も見えます。
弱点によって、見込み売上が減るとか、思った以上に経費がかかりそうなら、
価格相談という名の価格交渉をしてみます。

もちろん相談は、物件を取り扱っている不動産会社経由で。直接はダメですよー
手紙にしたためる人もいますが、気をつけるポイントは3つ。

  1. 希望額を明確にする
  2. 希望額を主張する根拠を挙げる(数字で具体的に)
  3. どうしてもダメなら諦める

3.は元も子もないって思いますけど、物件は世の中にたくさんあります。
特にアベノミクス以降は売る側も強気だと感じています。
気持ちを切り替えて次を当たるか、半年以降に再チャレンジするとか。

売れ残りになっている場合で、売主が焦りだした場合は交渉のチャンスもあるかも。
買えなくても、自己資金がその分貯まったと思えばいいと思います。

まとめ

不動産を買う前に、物件近隣の現地調査は必須!
よく分からないものには一円も投資をしないこと!

空室率の少ない、供給不足のエリアを狙っていきます。
ターゲットエリアを絞り込むためにも、ホームズサイトは活用できます。

私が、ゼロから不動産投資を学んで、始めて。このようなプロセスを実践できるのは、
不動産投資の実践者からちゃんと教えてもらって学んだからです。
成功者をイメージするって本当に大切なこと。

私が通った不動産投資セミナー(スクール)はこちらです↓

>>「不動産投資の学校」の口コミサイトも読んでみる




スポンサードリンク